読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RAIDの構築

それぞれのHDDをフォーマット

台数分繰り返す

gdisk /dev/sdb

新規作成

RAID1 1台は抜けで作成する場合
mdadm --create /dev/md1 --level=1 --raid-devices=2 missing /dev/sdb1
RAID6
mdadm --create /dev/md1 --level=6 --raid-devices=5  /dev/sd[b-f]1

RAIDの停止

停止しても、構築情報はそれぞれのHDDと、設定ファイルにあるため消えない。

mdadm --manage --stop /dev/md1

起動中のRAIDから、HDDを取り外す

無効状態にし、削除する。

mdadm --manage /dev/md0 --fail /dev/sdb1
mdadm --manage /dev/md0 --remove /dev/sdb1

RAID情報をHDDから削除

HDD自体にRAID情報が書き込まれている。

mdadm --misc --zero-superblock /dev/sdb1

現在のRAID情報を表示

cat /proc/mdstat

UUID確認

mdadm --detail --scan

RAID設定保存

confの設定はキャッシュされているので、必ずアップデートする。
congを書き換えないと、再起動時おかしな状態RAIDが構築されてしまう。

vim /etc/mdadm/mdadm.conf
update-initramfs -u