読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu をTime Machine のバックアップ先にする

Ubuntu 10.04.3 LTS
OS X 10.8.2

AFPというプロトコルに対応する必要が有るため、SMBではバックアップに使用できない。

Netatalk をインストール

依存ライブラリをインストール
aptitude update
aptitude install libssl-dev libgcrypt11-dev libpam0g-dev libwrap0-dev libdb-dev libavahi-client-dev libacl1-dev libldap2-dev
ソースからインストール

http://netatalk.sourceforge.net/
ここからnetatalk 3.0.1 を取得する。

wget -O netatalk-3.0.1.tar.gz netatalk-2.2.4.tar.gz\?r\=http\:%2F%2Fnetatalk.sourceforge.net%2F 
tar xzvf netatalk-3.0.1.tar.gz
# cd netatalk-3.0.1
# ./configure --with-init-style=debian
# make
# make install

設定

ユーザー追加

アクセス用のユーザーを追加。既存のユーザーでも良い。

# adduser afpyade
# passwd afpyade
ディレクトリ作成

Time Machine に利用するディレクトリを作成

# mkdir /mnt/data/hoge
設定ファイル
# vim /usr/local/etc/afp.conf 

Time Machine を保存するディレクトリを /mnt/data/hoge
ボリュームサイズを671GB に制限
接続アカウントをafpyadeに制限

;
; Netatalk 3.x configuration file
;
[Global]
mac charset = MAC_JAPANESE
uam list = uams_clrtxt.so uams_dhx.so uams_dhx2.so uams_guest.so
log file = /var/log/netatalk.log
vol preset = my default values

[my default values]
;valid users = @nobody
valid users = @afpyade
;invalid users = admin
file perm = 0660
directory perm = 0770

[Time Machine]
path = /mnt/data/hoge
time machine = yes
vol size limit = 640000 
設定反映
# service netatalk restart

これでドライブが見つかるようになります。