読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seekg tellg が無効な値を返す

ifstream is ("msg.bin", ios::in | ios::binary);
if (is.fail()) assert (!"miss");

// ファイルサイズを調べる
is.seekg (0, fstream::end);
fstream::streampos end = is.tellg();
is.seekg (0, fstream::beg);

ios::pos_type end = file->stream_->tellg();
size_t size = (size_t)end.seekpos();

// 読み込みバッファを確保
char* readBuff = new char [size];

// ファイルサイズより多く読むよう指示
is.read (readBuff, size * 100);

// この時点で、
// ios_base::eofbit | ios_base::failbit
// のフラグが立ち、以下のテストが失敗する。
//	assert (!is.fail());

// 状態がis.fail() であると、seekg や tellg などが機能しなくなる。
// これはかなり分かりにくい仕様になっている
is.seekg (0, fstream::end);
ios::streampos end = is.tellg();
cout << end.seekpos() << endl;